女性保険の違いと選び方

保険とは

民間保険に入ろう

生命保険の種類

生命保険の加入から受け取りまで

公的保険を知ろう

老後の生活の為に

女性保険の違いと選び方

女性ならではの保険の選び方

自分のライフプランにあった保険を見つけるには

親に養われている頃はほとんど気にもしていなかった生命保険。しかし、働き始めて、自分で保険を掛けるようになったり、年をとってきたりすると、保険が気になってくるものです。

これから保険に入る人、今入っている保険を見直そうとする人、様々あると思いますが、「保険のことはよくわからない。」という方が大半ではないでしょうか。セールスレディの勧めるまま加入していて、実際はどんな保障が付いているのか、理解していない方が大半ではないでしょうか。セールスレディは誠意をもって、あなたにぴったりの保険を選んでくれるでしょう。

しかし、入るのはあなたですし、保険金を受け取るのもあなたなのです。いざというとき、「え、これ保険の対象になってないの。」と言っても遅いのです。知らなかったといってセールスレディのせいにしてはいけません。あなた自身のためにも、生命保険の基礎知識を身につけましょう。

女性は男性と違い、結婚や妊娠、出産でライフスタイルを変える人が多いです。つまり、働くか、働かないか、また、働くとしても正社員か、パートか、というライフスタイルの変化があるのです。今、何の保険に入っていますか。それはいつ入ったものですか。

結婚しても、子供が産まれても、独身のときと同じ内容の保険を続けてよいのでしょうか。あなたにとって一番よい保険は生活の変化とともに変わってきます。今のあなたに必要な保険を知りましょう。

また、高額療養費や傷病手当金などの公的保険、国民年金、厚生年金の公的年金の制度を知りましょう。やみくもに民間の保険に入る前に、公的制度を知りましょう。その上で、足りない部分を民間保険や民間の個人年金で補いましょう。お金をためるのは時間がかかります。しかし、保険に入っていると、何かあった場合は保険金を受け取ることができます。

若くて健康なときは、保険にお金を払うのは無駄に思われるかもしれません。しかし、保険は加入と同時に保障額が約束されているのです。あなたに合った保険に入りましょう。

Copyright (C) 女性保険の違いと選び方 All Rights Reserved