保険金受取と税金 女性保険の違いと選び方

保険とは

民間保険に入ろう

生命保険の種類

生命保険の加入から受け取りまで

公的保険を知ろう

老後の生活の為に

女性保険の違いと選び方

生命保険の加入から受け取りまで

保険金受取と税金

保険金を受け取ると、税金がかかります。夫が死亡して死亡保険金を受け取ったのに、税金を納めたら必要額に満たなくなった、などという事態が発生しないよう、保険金を受け取ったら税金がかかることを知っておく必要があります。

まずは、死亡保険金の税金です。保険契約の方法によって、かかる税金は変わってきます。保険契約者と受取人が同じ場合があります。夫婦を例に出すと、妻が保険契約をし、妻を保険受取人にし、被保険者、つまり死亡保険金がかけられている人が夫の場合です。この場合、妻は夫の死亡保険金を受け取ると、一時所得として、所得税、住民税がかかります。

次に、保険契約者と被保険者が同じで、受取人が法定相続人の場合を考えてみます。夫が保険契約をし、被保険者を夫にし、妻を受取人にしている場合です。妻は夫の財産の法廷相続人ですから、この場合相続税がかかります。ただし、500万円までは非課税受け取れます。

次に、満期保険金を受け取るときの税金を見てみます。養老保険は満期保険金の制度がありますが、これも受け取るとき税金がかかるのです。保険契約者と受取人が同じ場合、例を挙げると妻が保険契約をし、夫に保険をかけ、妻が受け取る場合があります。

この場合一時所得となり、所得税と住民税がかかります。次に保険契約者と受取人が違う場合例として夫が保険契約をし、夫に保険をかけ、妻が受取人となっている場合があります。この場合、贈与税がかかります。贈与税は相続税よりも税率は高いです。

以上に挙げた例は、必要な場合は夫と妻の語を入れ替えて参考にしてみてください。

Copyright (C) 女性保険の違いと選び方 All Rights Reserved