生命保険の見直し 女性保険の違いと選び方

保険とは

民間保険に入ろう

生命保険の種類

生命保険の加入から受け取りまで

公的保険を知ろう

老後の生活の為に

女性保険の違いと選び方

生命保険の加入から受け取りまで

生命保険の見直し

慎重に選んで加入した保険といっても、人間ですから、生きていると状況が変わってきます。結婚したり、子供が産まれたり、子供が独立したりと、ライフスタイルは変化します。

保障内容に不満が出てきたり、保険料が家計には重すぎると感じたり、ということがでてきます。生命保険はその時その時に応じて、見直す必要があります。 まず、保険料が負担になってきて、支払えなくなった場合のことを考えてみます。払えないから解約しようと決めるのは早計です。

対策としては、一時的に払えなくなった場合は、保険料を保険会社に立て替えてもらい、保険を継続する、自動振替貸付制度というものがあります。対策その二としては、もらえる保険金の額を減額することで、払う保険料を少なくするという方法があります。この二つは、契約を継続する方法です。

また、思い切って解約するというのも一つの方法です。解約返戻金を受け取り、今の自分に合った保険に入るのです。保険を中途解約すると、払った保険料に比べると解約返戻金は少なく、損をしますが、必要のない保険に入って、お金を払い続けるよりも、思い切ってやめたほうがよいです。

保険は万一のときの保障のためにあるのです。いずれにせよ、保険料が払えなくなったからといって、すぐに解約するのではなく、保険会社に相談してみることです。

家族が増えたので、保障を厚くしたいという場合もあるはずです。今入っている保険の保障額を増やす、中途増額という方法があります。もちろん保険料はそれまでより高くなりますが、別の保険に新規に入るより、中途増額を検討したほうがよいです。ただし、この場合も素人判断せず、プロに相談したほうがよいです。

Copyright (C) 女性保険の違いと選び方 All Rights Reserved