生命保険に加入するまでの注意点 女性保険の違いと選び方

保険とは

民間保険に入ろう

生命保険の種類

生命保険の加入から受け取りまで

公的保険を知ろう

老後の生活の為に

女性保険の違いと選び方

生命保険の加入から受け取りまで

生命保険に加入するまでの注意点

生命保険に加入する際にはいくつかの注意点があります。お金を出して保険に入っていたのに、いざという時に保障の範囲外だとわかったら、衝撃です。お金を捨てたようなものです。まず、保険に加入する前には、目的を明確にもっておくことが大切です。

自分が病気になったときのために保険に入るのか、自分が死んだときに残された家族のために保険に入るのか、など目的によって入る保険は違ってきます。また、保障内容は納得のいくものか、必ず確認する必要があります。

生命保険に加入するときには告知義務があります。告知義務とは、現在の健康状態と、過去の病歴について、ありのままを保険会社に伝えるということです。保険に入る際には、健康状態を保険会社の指定した医師に診てもらう場合もありますが、告知書に自分で記入するだけの、自己申告の場合もあります。

この自己申告で、病歴があるのにないと嘘をついていたり、実際とは異なる報告をしたりした場合、保険金が支払われないことがあります。保険会社には正直に報告しなければなりません。ただし、病気や死因と告知義務違反の内容に、全く因果関係がない場合は保険金が支払われます。

保険も、クーリングオフができます。クーリングオフとは一定期間内であれば違約金を払うことなく契約が解除できる制度です。クーリングオフをしたいときは、8日以内に書面で保険会社に申し出る必要があります。電話や口頭ではクーリングオフは成立しません。また、保険会社の指定した医師の健診を受けていた場合はクーリングオフができませんので、注意が必要です。

Copyright (C) 女性保険の違いと選び方 All Rights Reserved