傷病手当金 女性保険の違いと選び方

保険とは

民間保険に入ろう

生命保険の種類

生命保険の加入から受け取りまで

公的保険を知ろう

老後の生活の為に

女性保険の違いと選び方

公的保険を知ろう

傷病手当金

人間ですから、誰しも病気やケガをする可能性があります。重い場合は仕事を休むことになります。「収入がなくなる、生活どうしよう。」となるわけです。しかし、みなさん「労災」という言葉を聞かれたことがあるでしょう。仕事が原因の病気やケガ、通勤途中の場合は労災保険から給付を受けることができます。

仕事が原因のときは心配する必要はありません。それでは、プライベートで病気やケガをして仕事を休んだ場合はどうでしょうか。自分で勝手に病気になったのだから、公的な給付金はもらえないのだろうと思っている方が多いのではないでしょうか。

そんなことはありません。プライベートで病気やケガをしても、公的な給付制度があり、あなたの生活を助けてくれます。民間の保険に入る前に、こういう制度もあるということを知っておくとよいでしょう。

プライベートで病気やケガをした場合は「健康保険」から「傷病手当金」という支給を受けられるのです。健康保険の被保険者が、傷病手当金を受けるには次の4つの条件を満たす必要があります。

1つ目。病気やケガで療養中であること。
2つ目。仕事に付けない状態であること。今までより軽い仕事についていたり半日出勤になっていたりする状態では認められません。
3つ目。4日以上仕事を休んでいること。ただし、休んだ日が連続して3日以上あった上で、4日以上休んでいる場合に限ります。有給をとって休んでいる場合は適用されません。
4つ目。給料を受け取れないこと。仕事をしておらず、休みは有給をとっているわけではないことが必要です。

以上の条件に合った場合、休業1日に付き、標準報酬日額の3分の2が、支給開始日から1年6ヶ月以内の間は受け取れます。

Copyright (C) 女性保険の違いと選び方 All Rights Reserved