高額療養費 女性保険の違いと選び方

保険とは

民間保険に入ろう

生命保険の種類

生命保険の加入から受け取りまで

公的保険を知ろう

老後の生活の為に

女性保険の違いと選び方

公的保険を知ろう

高額療養費

病院に通ったときの医療費は自己負担3割、所得によっては1割ないし2割です。一回の通院で済めば、家計に響くということはないかもしれません。しかし、度重なる通院や長期の入院をしなければならなくなると、病院で病気を治すどころか、お金のことが心配で病院に行かない人も出てくることでしょう。そこで、公的素敵な制度があります。「高額療養費」制度です。

高額療養費制度とは、病院や薬局で支払った医療費がひと月の間に一定額を超えたとき、その超えた額を支給する制度です。自己負担は1ヵ月の上限額が所得によって決められています。

所得区分一般の場合を例に出しましょう。1ヵ月に100万円の医療費がかかった場合、自己負担は3割ですから、私達が支払うお金は30万円です。しかし、高額療養費制度を利用すれば、支払うお金は8万7430円で済みます。

つけ加えると、所得区分一般の方の1ヶ月の自己負担の上限額の計算式は、80100円+(医療費-267000円)×1% です。30万円支払うのと、8万少々支払うのとでは、言うまでもなく全く違います。民間の保険に入る前に、この制度を利用しましょう。

注意しなければならないのは、高額療養費の対象になるのは、保険適用される診療に対して、私達が支払った自己負担額だということです。食費などは除きます。また、黙っていても自動的にもらえるわけではありません。自ら進んで申請する必要があります。「健康保険高額療養費支給申請書」を協会けんぽ、もしくは健康保険組合に提出しましょう。

Copyright (C) 女性保険の違いと選び方 All Rights Reserved