独身女性のための保険 女性保険の違いと選び方

保険とは

民間保険に入ろう

生命保険の種類

生命保険の加入から受け取りまで

公的保険を知ろう

老後の生活の為に

女性保険の違いと選び方

民間保険に入ろう

独身女性のための保険

独身女性が保険に入る場合を考えてみます。子供のいる独身女性を除きます。 独身女性の場合、基本的に自分のためだけのことを考えて保険に入ればよいです。

独身女性に必要なのは、医療保障と老後生活保障です。女性は誰しも、若いうちは病気になることをあまり考えていません。いつかは結婚できるだろう、という期待もひそかに心にもっています。しかし、年齢が上がるにつれて、このまま一人だろうという諦めとともに、一人なのに病気になったらどうしよう、という不安が出てくるものです。

実際病気になっても、独身女性は養ってくれる人などいないのです。親は年をとっており、きょうだいは結婚をして、家庭をもっています。入院するからといって、お金を借りられる状況ではなくなるのです。まして、友達になんて、頼めるわけがありません。自分のことは自分でしなければならないのです。

独身女性は、病気やケガの保障をしてくれる医療保険に入っておくとよいです。医療保険は、入院、手術などを保障するもので、保険料があまり高くなくても必要な保証が得られます。ただし、死亡保険金は少ない、あるいは全く出ないというものもあります。

独身女性は基本的に自分が死んだ後にお金を残すことは、あまり考える必要はありませんが、年をとってくると親を養っている独身女性、親が介護が必要な独身女性も増えてきます。

あなたの年齢、親の状況によっては、別に死亡保険に入る必要があります。また、独身女性ですから、自分の葬式代は自分で用意しておかなければなりません。貯蓄で用意するか、終身保険に入ることを検討するとよいです。

Copyright (C) 女性保険の違いと選び方 All Rights Reserved