専業主婦のための保険 女性保険の違いと選び方

保険とは

民間保険に入ろう

生命保険の種類

生命保険の加入から受け取りまで

公的保険を知ろう

老後の生活の為に

女性保険の違いと選び方

民間保険に入ろう

専業主婦のための保険

結婚をすると、自分一人のことだけを考えていた時代は終わりです。相手のことも考えなければなりません。入るべき保険も、当然独身時代とは違います。ここでは専業主婦のための保険をご紹介します。

あなたが専業主婦である場合、夫が亡くなったり、急に病気になって長期入院でもされたりすると、大問題です。今まで入ってきた収入が、入ってこなくなるのです。不安なものです。こういう時に、お金は必要だと痛感するものです。そのために保険があります。

あなたが専業主婦である場合、夫に大型の死亡保障のついた保険に入るべきです。あなた方に子供がいる場合、夫が亡くなった後、フルタイムで働くのはなかなか難しいことです。また、子供をこれから先、学校に進学させなければなりませんし、子供になるべく不自由な思いはさせたくないものです。そのためにも、万一の備えはしっかりしておくべです。

また、子供が幼い時期は、妻であるあなたが亡くなった場合のことも考えなければなりません。夫は場合によっては、子供を預けて働きに出なければならなくなります。ベビーシッター代などの支出も考えなければなりません。500万円程度の死亡保養を用意しておくと安心です。

あなたが専業主婦の場合は、病気やケガに備えた医療保険と、死亡に備え定期保険、または終身保険、または養老保険を掛けるべきです。中途解約は損をするので、死亡保険部分については、入る前にしっかり検討しておくべきです。

Copyright (C) 女性保険の違いと選び方 All Rights Reserved