自営業者のための保険 女性保険の違いと選び方

保険とは

民間保険に入ろう

生命保険の種類

生命保険の加入から受け取りまで

公的保険を知ろう

老後の生活の為に

女性保険の違いと選び方

民間保険に入ろう

自営業者のための保険

自営業者のための保険を紹介します。自営業者は、会社員や公務員と違い、収入は不安定です。毎月決まった額の給料が手に入るわけではありません。また、自分が病気などで倒れてしまったら、代わりもおらず、お客さんに迷惑を掛けてしまいます。

その上、収入がなくなると、家族に苦しい思いをさせてしまいます。自営業者は不安定な身です。こう書くと、自営業はマイナス面ばかりと誤解されるかもしれませんが、そんなことはありません。会社員と違って定年もなく、また、比較的マイペースで働くことができるという、プラス面もあります。そんな自営業者のための保険を紹介します。

自営業者は、会社員に比べると公的保障の点ではあまり恵まれていません。何かあったときにもらえる可能性のある遺族年金は、遺族基礎年金のみです。それも、受け取れるのは「子のある妻」、または「子」のみ残されたときの「子」だけです。

つまり、夫と子供が残った場合、子のいない妻が残った場合は、何も受け取れないのです。自営業者はそのことを頭において、生命保険を選ぶ必要があります。死亡保障額は、もちろん、会社員公務員の家庭よりも高く用意しておくべきです。

また、公的制度は大いに活用すべきです。自営業者は国民年金に加入することになっていますが、その上乗せとして、国民年金基金に加入することをお勧めします。

老後の生活を考えた場合、国民年金や貯蓄だけで生活できるのか、計算してみると、不足していることに気づくはずです。ゆとりある老後のために、国民年金基金があります。国民年金基金を受け取る前に死亡した場合は、遺族に「遺族一時金」としてお金が支給されます。

Copyright (C) 女性保険の違いと選び方 All Rights Reserved