共働き女性のための保険 女性保険の違いと選び方

保険とは

民間保険に入ろう

生命保険の種類

生命保険の加入から受け取りまで

公的保険を知ろう

老後の生活の為に

女性保険の違いと選び方

民間保険に入ろう

共働き女性のための保険

近頃は結婚をしても働き続ける女性が多いです。ここでは共働き女性のための保険をご紹介します。共働き女性の場合、仕事をもっていますので、夫が亡くなっても、明日からどうしよう、と頭を痛める度合いは少ないです。

専業主婦の女性よりも、夫の死亡保障は低く設定することができます。ただし、あなた方が夫婦だけの世帯で、子供がいない場合と、子供がいて、これからまだ子供にお金がかかるという場合とでは死亡保障の額は違ってきます。

子供がいない場合は、あなたは、あなただけのことを考えればよいかもしれません。しかし、子供がいる場合は、夫も妻も、どちらが死亡したときでも、相手の今の収入分ほどの金額は、手元に入らないと困るはずです。互いの生活費の負担割合に応じて、互いの死亡保障を用意するとよいです。また、子供を学校に通わせるなど、先々に必要になるお金のことも考えなければなりません。

死亡保障は、死亡後の支出から、死亡後の収入を引いて計算します。死亡後の支出の主なものとしては、葬式代、墓代、残された妻または夫と子供の生活費、子供の教育資金などがあります。死亡後の収入としては、妻または夫の給料、遺族年金、現在の貯蓄などがあります。

支出から収入を引いた金額がどのくらいになるかを知り、いくらの死亡保障を掛けるのか決めるべきです。生命保険はそれぞれの家庭に合ったものに入らなければ意味がありません。収入や子供の人数、子供の年齢等も考え、慎重に選んでから保険に入るべきです。

Copyright (C) 女性保険の違いと選び方 All Rights Reserved