シングルマザーのための保険 女性保険の違いと選び方

保険とは

民間保険に入ろう

生命保険の種類

生命保険の加入から受け取りまで

公的保険を知ろう

老後の生活の為に

女性保険の違いと選び方

民間保険に入ろう

シングルマザーのための保険

母親一人で子供を育てるのは、経済的にも精神的にも大変なことです。男女平等とは言いながらも、社会での女性と男性の役割は違っており、その分、もらう給料も違います。父親一人で子供を育てるのと、母親一人で子供を育てるのとでは、条件が違うのです。

夫に先立たれた場合、子供がいるあなたは、遺族基礎年金をもらっているかもしれません。18歳未満の子供が一人いる場合、一律年間101万5900円受け取れます。101万円と聞くと、大変な額ですが、一人で生活する101万円と、二人で生活する101万円は違います。

遺族基礎年金だけで生活していくことはできません。また、夫が会社員であった場合は遺族厚生年金ももらっているかもしれません。いずれにしろ、受け取れる金額は、夫の標準報酬月額、年金を納めていた月数によって変わります。

足りない分は、あなたが働いて補う必要があります。あなたが生きているときはそれでよいかもしれません。ただ、母親として心配なのは、自分も死んで、子供が残された場合のことです。シングルマザーのための保険を考えてみます。

シングルマザーの場合、あなたが亡くなったとき、子供は遺族基礎年金を受け取れる可能性があります。子一人が残された場合、受け取れる遺族基礎年金は、78万8900円です。あなたが会社員の場合は、加えて遺族厚生年金も受け取れる可能性があります。

しかし、子供の生活、教育費などを考えた場合、子供が遺族年金だけで生活していくのは難しいはずです。子供のために、高額の死亡保険金は用意しておくべきです。定期保険は掛金も低く、高額の保証が得られるのでお勧めです。

Copyright (C) 女性保険の違いと選び方 All Rights Reserved