国民年金、厚生年金 女性保険の違いと選び方

保険とは

民間保険に入ろう

生命保険の種類

生命保険の加入から受け取りまで

公的保険を知ろう

老後の生活の為に

女性保険の違いと選び方

老後の生活の為に

国民年金、厚生年金

定年後、年金はいくらもらえるのか、年をとってくればくるほど、不安になってくるものです。若いうちはまだ親も元気で、いざとなれば助けてくれますし、年齢が低いうちは、転職もしやすいので、将来のことを切実に考えることはないかもしれません。

国民年金を納めない人の中には、老後の生活費のことを考えていない人もいるかもしれません。

公的年金制度には、国民年金と厚生年金があります。国民年金は主に自営業の人が入っており、厚生年金は民間企業に勤める人が入っています。生命保険会社が試算した夫婦二人の老後の生活費は、月額約21万円となっています。

国民年金は満額受け取れても年額79万2100円、月額で考えると、6万6000円です。厚生年金を受け取る予定の方は、日本年金機構のホームページや年金事務所で、将来受け取れる金額を調べてみるべきです。

将来受け取れる年金金額を知ることは大切です。不足する生活費がいくらなのかを知ることで、どうやってその金額を補おうかと考えることができるからです。対策としては、今から貯金する、保険会社の個人年金に入る、定年後は再就職する、生活費のかからないところに移り住む、などがあります。

近い将来は、年金保険料を納める者2、3人で1人の年金受給者を支えなければなりません。自分が年金をもらう年齢になった時には、本当に年金がもらえるのか、不安です。しかし、国の制度は信用して第一に活用し、第二に民間の制度を利用すべきです。国民年金、厚生年金は老後の生活の支えです。

Copyright (C) 女性保険の違いと選び方 All Rights Reserved