健康保険 女性保険の違いと選び方

保険とは

民間保険に入ろう

生命保険の種類

生命保険の加入から受け取りまで

公的保険を知ろう

老後の生活の為に

女性保険の違いと選び方

老後の生活の為に

健康保険

私達が医療保険に入るのは、病院に入ったときや、入院したときの費用が心配になるためです。しかし、公的保険である健康保険がどのくらい費用を負担してくれるのか、知らない人が多いはずです。日本の健康保険制度は、世界的に見ても優れた制度です。

県ごとに健康保険料率は違いますが、皆が所得などに見合った保険料で健康保険に加入し、全国どこでも同じ料金で同じ治療が受けられます。最近は国民健康保険の未加入者が増えているようですが、この優れた制度には、加入しておいたほうが絶対に得です。

健康保険に加入していると、一般的に自己負担は3割で、残り7割は健康保険で負担してもらえます。また「高額療養費」という制度があり、1ヶ月に自己負担で払った金額が一定額を超えると、「高額療養費」として払い戻されるのです。

これを聞くと、日本の健康保険制度がいかに恵まれたものか、わかると思います。払い戻しを受けるには、自己申告する必要があります。しかし、申告してから、実際にお金を受け取るまで、数ヶ月かかってしまいます。その間の支払いに困る方も多いはずです。その場合は、無利子でお金を借りられる、「高額療養費融資制度」が利用できます。

また、70歳以上になると、一ヶ月の自己負担限度額はさらに少なくなります。今は健康で、病気になるとは思っていない人でも、病院に通うようになるかもしれません。高齢になってまで、民間の死亡保険をかけていたり、高額の医療保険をかけていたり、というのは、本人や家族の状況を考えると、必要性がないのです。公的健康保険制度を知った上で、老後資金をどうするか、考えたほうがよいです。

Copyright (C) 女性保険の違いと選び方 All Rights Reserved