養老保険 女性保険の違いと選び方

保険とは

民間保険に入ろう

生命保険の種類

生命保険の加入から受け取りまで

公的保険を知ろう

老後の生活の為に

女性保険の違いと選び方

生命保険の種類

養老保険

養老保険は、被保険者が死亡した際に死亡保険金が支払われ、保険期間が満期になったときに被保険者が生存している場合は、満期保険金が支払われる保険です。

満期保険金があるところが、定期保険、終身保険と違う点です。養老保険は貯蓄性が高いと言われるのは、この満期保険金という制度があるためです。満期保険金を老後の生活費に充てることができます。

死亡保障をつけながら貯蓄もできる、お得な保険ですが、注意しなければならない点がいくつかあります。一つめは、保険料がかなり高額であることです。満期保険金があり、解約返戻金が多いことを考えると当然ですが、定期保険や終身保険よりも保険料が高いです。

二つめは、短期で解約すると、払い込んだ保険料よりも解約返戻金が少なくなってしまうことです。保険料が高いだけに、損した気分になるものです。養老保険はよほどのことがない限り、短期で解約しないほうがよいです。

人間生きていると、お金に困るときと困らないときとがあるものです。今は大丈夫だと思っていても、突然保険料の払い込みにも困る日が来たりします。そんな時でも、すぐに養老保険を解約したりしてはいけません。保険金額を減額する「中途減額」という方法があります。払込保険料、保険金は減額されますが、保険期間は変更がなく、解約返戻金は受け取れます。受け取れるはずだった解約返戻金を、それ以降の保険期間の保険料に充当する「払済保険」という方法もあります。

この場合、これ以降の保険料払い込みは不要になります。解約返戻金はもちろんなくなり、保険金額も減額されますが、保険期間に変更はありません。

Copyright (C) 女性保険の違いと選び方 All Rights Reserved