定期保険 女性保険の違いと選び方

保険とは

民間保険に入ろう

生命保険の種類

生命保険の加入から受け取りまで

公的保険を知ろう

老後の生活の為に

女性保険の違いと選び方

生命保険の種類

定期保険

定期保険は死亡保険金だけで、満期保険金のない掛捨型の保険です。解約返戻金も極めて低額で、まったく戻らない場合もあります。定期保険に貯蓄性はないのです。掛捨型ということで、損な保険と思われがちですが、保険料はたいへん安いです。

同額の保険金を得ようとして、終身保険や養老保険の保険料を見てみると、違いがよくわかります。満期保険金がなく、解約返戻金もほとんどないのだから、安いのは当然と言われれば当然です。

定期保険は、「小さな負担で、大きな安心」という言葉がまさに当てはまる保険です。少ない掛金で高額の死亡保険金が受け取れるので、子供が成人するまでの間など、高額の死亡保障が必要な時期に向いています。

他の保険に入っていても、子供が産まれたり、家族が増えたりすると、保障額が不安になってくるものです。そんな時に、また新たに終身保険や養老保険に入ったり、保障額を上げるために保険料を上げることになったりすると、家計が悲鳴を上げてしまいます。

人生の一時期だけ死亡保障額を増やしたい時は、定期保険をうまく利用すると、「小さな負担で、大きな安心」を得ることができます。ただし、保険料は更新するごとに高くなります。支払われる死亡保険金の額は変わりませんが、更新時の年齢によって保険料が決まります。

そのため、何歳まで利用するつもりか、何歳までだったら定期保険を利用したほうが得になるか、など考えておく必要があります。場合によっては、終身保険、養老保険を利用したほうがよいときもあります。

Copyright (C) 女性保険の違いと選び方 All Rights Reserved