終身保険 女性保険の違いと選び方

保険とは

民間保険に入ろう

生命保険の種類

生命保険の加入から受け取りまで

公的保険を知ろう

老後の生活の為に

女性保険の違いと選び方

生命保険の種類

終身保険

終身保険とは、死亡保険金が受け取れ、満期保険金のない、終身保障の保険です。終身保障というところが、定期保険と違う点です。一度契約してしまうと、終身、つまり、死ぬまで保障が続くのです。

定期保険は、保険契約期間が一日でも過ぎてしまったら、更新していない限り、死亡保険金はもらえません。それと違い、終身保険は更新の必要もなく、保険料が上がるということもありません。定期保険と同じく、満期保険金はありませんが、解約返戻金は多いです。

終身保険は、保険料は定期保険より高額です。そのため、解約返戻金が期待できます。子供がまだ独立していない間は、自分が死んだときのために終身保険をかけておき、独立した後は解約し、解約返戻金を老後の生活費に充てる、という使い方もできます。

60歳くらいになると、死亡保障よりも今後の生活費のことのほうが大事になってくるものです。あなた方が60歳くらいになると、大抵子供は自立しており、死亡保険金を残して、生活を守ってやる必要はありません。高い保険料を払って終身保険を続けるより、自分の好きなことにお金を使うべきです。

年とった親が残してくれた死亡保険金など、子供には悲しいだけです。解約返戻金を受け取って、個人年金に加入し、年金を受け取るのもよいです。保険に加入する際に、将来は個人年金に移行したいという希望を伝えると、プランを作ってもらえます。

また、将来個人年金に移行することを前提にした終身保険はありますので、それに加入するのもよいです。

Copyright (C) 女性保険の違いと選び方 All Rights Reserved