掛捨型、貯蓄型 女性保険の違いと選び方

保険とは

民間保険に入ろう

生命保険の種類

生命保険の加入から受け取りまで

公的保険を知ろう

老後の生活の為に

女性保険の違いと選び方

生命保険の種類

掛捨型、貯蓄型

保険には、掛捨型と貯蓄型があります。掛捨型とは、その名の通りの保険です。満期保険金がなく、終身保険や養老保険に比べて解約返戻金が少ない保険です。満期保険金や解約返戻金のことを考えると、掛捨型に入るのは損のように思われます。

しかし、物事には悪い面もあればよい面もあるのです。掛捨型は死亡保険の中で最も保険料が安く、もちろん保険期間内に被保険者が死亡したり、所定の重度障害になったりしたときには保険料が支払われるのです。保険に入っていれば、保険金が支払われないケースに該当しない限り、死亡保険金が受け取れるのです。

保険に入るのはお金がもったいないと思い、この間、積立貯金をしていても、死亡保険金でもらえる額と同じ額を貯めるのは、難しいことです。掛捨型は保険料が安く、その上高い死亡保険金を得られるのです。決して損な保険ではありません。

貯蓄型は養老保険です。被保険者が死亡したときに死亡保険金が支払われるだけではなく、満期時に被保険者が生存している場合は、満期保険金が支払われるという保険です。死んだときも、生きていたときも保険金が受け取れると考えると、貯蓄性の高い保険だということがわかります。

貯蓄性に優れているため、養老保険の保険料は、掛捨型と比べるとかなり高額です。そのかわり、解約返戻金も高額です。そのため、突然お金が必要になったときに、解約返戻金を充てることができます。また、満期保険金を老後の生活費に充てることができます。貯蓄型は損をすることのない保険です。

Copyright (C) 女性保険の違いと選び方 All Rights Reserved