保険に入る意義 女性保険の違いと選び方

保険とは

民間保険に入ろう

生命保険の種類

生命保険の加入から受け取りまで

公的保険を知ろう

老後の生活の為に

女性保険の違いと選び方

保険とは

保険に入る意義

保険は助け合いの精神で成り立っています。保険に加入していれば、自分が死んでも家族にお金が残せますし、病気になっても入院費用、手術費用で頭を痛めることはなくなります。

死ぬはずはないし、病気になるわけもないと思っている方は、毎月保険料を払うことが、無駄に見えるかもしれません。しかし、たとえ掛捨型の保険に入っていたとしても、そのお金は決して無駄に遣ったものにはなりません。保険に入っていれば、何かあったときには保険金が支払われます。

その保険金と同じ額を貯金することは、なかなか難しいことです。保険は加入と同時に保障額が約束されています。今の自分に必要な内容の保険に入っていれば、決してそのお金は無駄にはなりません。みんなは一人のため、一人はみんなのため、というのが保険のしくみです。

あなたが入院したり、死亡したりした場合、困るのは家族です。「私は独身だし、誰も養ってない。」とか、「私は主婦だし、稼いでない。」という問題ではありません。入院費用、葬式費用はどこから出るのですか。

保険に入るのは、自分のためばかりではなく、家族のためでもあるのです。繰り返しますが、保険は助け合いの精神で成り立っています。一人はみんなのために、みんなは一人のために、です。

あなたが払うお金は、多くの人の保険金になり、みんなが払うお金はあなたの保険金になります。一人一人が出すお金は少額でも、積もり積もると大変な額になります。保険にお金を払うことは、自分のためだけではなく、周りの人のためにもなるのです。

Copyright (C) 女性保険の違いと選び方 All Rights Reserved