生命保険と預金の違い 女性保険の違いと選び方

保険とは

民間保険に入ろう

生命保険の種類

生命保険の加入から受け取りまで

公的保険を知ろう

老後の生活の為に

女性保険の違いと選び方

保険とは

生命保険と預金の違い

みなさんが生命保険に入る理由は何でしょうか。万一のときに備えて、という方がほとんどでしょう。万一のことがあっても、お金がないのでは、治療を受けるのをためらったり、死んだときに、残された家族が生活に困ることになります。

大変お金に余裕のある方ならば、急に何かが起こっても「払えるお金がない。」「これからの生活どうしよう。」などと悩むことはないかもしれません。でも、そんな境遇の人はごくごく一部です。一般人の我々は、急に体が悪くなったり、家族の大黒柱が亡くなったりすると「これからどうしよう。」となるのです。そのために生命保険があるのです。

生命保険と預金は違います。それぞれ、長所、短所があります。我々はどちらか一方だけに頼るのではなく、両方をうまく使って上手に生活しましょう。生命保険の長所は、少額で大きな保障が得られる点です。

万一のときにもらえる保険金と同じ金額を貯めるのは、時間がかかりますし、難しいという方も多いことでしょう。生命保険は、入っていれば万一のときに保険金がもらえます。短所は、解約すると保険料は全く戻ってこないか、一部しか戻ってこないという点です。

「これを毎月貯金していたら。」という後悔が芽生えるかもしれませんが、保険と預金は違うのです。預金の長所は、必要なときにお金が出し入れできるという点です。

保険と違い、お金をおろしても、「減っている」ということはありません。短所はお金を貯めるのは時間がかかるという点です。万一のときのために生命保険、期日のわかる予定や目標のために預金を使うとよいでしょう。

Copyright (C) 女性保険の違いと選び方 All Rights Reserved